Mic Mac. since 2004
Mic Mac.のお知らせとチョイチョイ。

| CALENDAR | ENTRY | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | MOBILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
天高く



















実りの秋です。
札幌は、ひと雨ごと肌寒く。
駆け足で秋も深まってきました。






















2年目のりんごオーナー。たくさんの実をつけてくれました。
この間、うっかりケガをし、はじめて松葉杖を体験。
あっという間に筋力ってなくなるものなんですね。歩行リハビリ中ー。





| こぼれ話 | - | - | posted by Mic Mac.
5月も終わりですが



















まだ桜ちゃんは がんばっています。
観測史上2位の遅い開花でしたから。
八重桜もこれからバリバリ開花します。






















サイクリングロードを散歩していると。まぁリスくん!






















お忙しいようですな。






















顔こわっ。






| こぼれ話 | - | - | posted by Mic Mac.
ニーウン・ペツガラス美術研究所さん
移築完了したニーウン・ペツガラス美術研究所さん へ、尋ねてみました。
以前とディスプレイは変わらない。とのことですが、
一層趣きが増した印象を受けました。


「こうしたかったんや」というゆみちゃん(奥様)自作のトイレの天井は、
もよおすのはもったいのうござーます。
アートなアートなトイレです。
便座に腰掛け、上を眺めながらひと時の時間もまた良しです。健全です。
ほかにも、随所随所に手をかけ、時間をかけつくりこんだところを見せてくれ、
ひさびさにステキな空間に訪れることができ、満腹気分。

                           (撮影の許可をいただいております)

2年かけて古い小学校をえっちらこっちら引っ張ってくる作業は大変だと
ずっと聞いておりましたが、いやいや時間がかかったのがわかります。
カフェもありますので、ガラス作品を堪能しながらまったりタイムも良いです。


ニーウン・ペツガラス美術研究所さん は
11月30日からの3日間限定Mic Mac.展「手仕事の流儀」に参加してくださいます!




札幌は初雪が降りました。想定外の降りでした。
今週は、みなの作品がどどーーーんと届きます!


| こぼれ話 | - | - | posted by Mic Mac.
北海道の夏 2

         札幌から2時間半くらいの 日本海に面した積丹(しゃこたん)岬。
         積丹はアイヌ語で「夏の村」 という意味だそうです。


         透明度が高く「日本の渚百選」に選ばれた島武意海岸。
         神秘的な美しさをたたえ、積丹ブルーと呼ばれています。




       


         なぜか、転換期にここを訪れてるような。
         風は強いですが、心洗われおすすめです。




         明日、緊急告知をします!
         (Mic Mac.の営業日数 あと26日)

| こぼれ話 | - | - | posted by Mic Mac.
北海道の夏です
             ラベンダーの時期の富良野。
             食事をしたお店のちょっと先に、ひまわりが満開!
             一斉に太陽の方を向いているなぁ。と 思いきや
             真逆を向いているひまわりも。
             植物界にもこのタイプがいるのか。と 違う意味で感心。


         

             おそらく多くのブロガーが、ラベンダーをUPしていると思うので
             あえてお花畑を。



             普通ならまだトンボは居ない時期。
             半月ほど、出番が早いトンボが何匹も。
             


             デジカメが年寄りすぎて、屋外では撮れず。
             ならば携帯を。こっちも年寄りなので荒いコト。


             ラベンダーが見ごろの富良野は、多くのレンタカーナンバーがずらり。
             帰り道では、仲間とはぐれたシカが、田んぼの中をトコトコ歩いていた。





| こぼれ話 | - | - | posted by Mic Mac.
無事届きますように
                    甚大な被害に遭われた
                    宮城県石巻市のお客さまより、Mic Mac.のWEB SHOPに
                    ご注文をいただきました。
                    清水しおりさんの作品です。






                    大事にされていた、清水しおりさんの作品が
                    全部割れてしまったとのこと。
                    ご自宅の1Fは、水に浸かってしまわれ、
                    避難所には行かれず、ずっと2Fで過ごされているとのこと。
  
                    最初の5日間ほどは、真っ暗な中を
                    おうちにあったものを食べ、過ごされていたそうです。

                    お電話でお話させていただいたところ、
                    大変明るくお元気なお声でした。
                    くよくよしていたってしょうがないですもの。と
                    何度か笑っておられました。


                    ニュースのあまりにも悲惨な状況に
                    Mic Mac.の存在意義を考え、
                    何も手につかず無意味に落ち込んだ自分を恥じました。

                    落ち込むわたしに
                    清水しおりさんにも、「ダメダメ!」と叱咤されていましたが、
                    そのしおりさんの作品があると、「がんばれる」 と
                    おっしゃってくださった石巻市のお客さま。

                    どんなエライ人に褒められるよりも、いちばん嬉しい。
                    しおりさんは、そうおっしゃってました。
                    ホントにそう思います。
                    わたしも、清水しおりさんと石巻市のお客さまを繋ぐ
                    架け橋となれ、この仕事をやっててよかった。
                    と、思うことができました。





                    どうか無事に届きますように。






| こぼれ話 | - | - | posted by Mic Mac.
初雪が
             降った。
             予報では明日のはずだったのに。
             出勤の時に、ぁ。みぞれだ・・・。とがっくし。
             初霜も雪虫もみていないのに、もう雪かい!


             「タイヤ替えた?」
             「いや、まだ早いっしょ。」
             という道民色の濃い会話が聞こえる時期だ。


             数十分後、晴れた。
             そしてまた曇る。
             急な気温低下で(今日は最高気温10度きりました)、
             雨交じりのイラつく天候に道行く人も身をすくめ、眉間にシワがよっている。
             (Mic Mac.よりお向いの大型生協さんをのぞむ)
               

             夕方4時半には薄暗く、5時にはとっぷり日も暮れる。
             これが今のリアル札幌。

             札幌の秋は短く、いつの間にかフェードアウトし
             12月の根雪の時期まで、いやらしい寒さがじわじわくるのだ。
             そして雪が積もると、雪の白さで外も明るくなり、
             いやらしい寒さから安定し、マイナス気温でも日差しがあれば
             「今日暖かいね」 となるわけ。
| こぼれ話 | - | - | posted by Mic Mac.
紅葉の時期をむかえて
             10月というのに、比較的今年は暖かい。
             北海道のお山の紅葉は今が見ごろ。
             大雪山などでは、初冠雪したというし。


             札幌から車で2時間半ほどのニセコでは、今が紅葉のピーク。
             日本は小さい国ながら、多種の樹木があるので
             赤やきいろ、その紅葉の美しさは世界に誇れるそうだ。
             京都の雅な紅葉とはまた違って、
             北海道の紅葉はダイナミックで、そしてあっという間に終わる。




             
             ちなみにニセコ周辺はゲレンデや温泉も充実。
             最近はパウダースノーに魅せられた豪州スキーヤーたちが、多いらしい。

                        




             こちらは日本百名山、羊蹄山。(ようていざん)
             銀行マンだった父の転勤で、小学校の2年間を
             札幌から倶知安(くっちゃん)という羊蹄山のふもとの町で暮らした。

             クッチャン というのはアイヌ語で 「クチャウンナイ」 に由来しているらしい。
             (木の枝でつくった狩人(かりゅうど)の丸木小屋のある沢 の意)
                          

             富士山に似ていることから蝦夷富士(えぞふじ)と呼ばれ、とても美しい。
             最近はパワースポットとも言われているらしい。
             

             ちょっと車で走れば、羊蹄山の雪どけ水がだくだくと涌き出ている
             スポットもいくつかあり、昭和天皇はそのお水を飲み、
             「甘露である」 と喜ばれた湧き水もある。
             そのくらいこの地域のお水は、まろやかで実に美味しい。
             

             暮らしていたときは、家の目の前に当たり前のように羊蹄山があって、
             「日本一の水」
             と いわれる美味しい水を、当たり前のように毎日飲んでいた。
             


             この町は雪の降る量もハンパなく、家の前の空き地になげる(捨てる)雪は
             あっという間に小さな山になって、ひとつ上の兄とよくミニスキーで遊んだもの。
             (プラスチックで出来た小さなスキー、道民は知っている。)


             町にはジャンプ台とスキー場があって、
             同級生のスキーのレベルの高さに圧倒された記憶がある。
             札幌出身のわたしはまだプルークボーゲンなのに、
             シュテムターンやパラレルで、スイスイみなゲレンデをくだる。
             高校生のお兄ちゃんレベルじゃん。小学生レベルじゃない。
             負けずギライだけど、これにはもうかなわなかった。


             札幌のナナカマドの実はもう真っ赤。
             いつものようにあっという間に秋は終わり、
             月末には、里にもきっと初雪便り。
             これぞ THE HOKKAIDOなのだー。

             
     


| こぼれ話 | - | - | posted by Mic Mac.
歓びの連鎖
無事に矢口加奈子さんの個展を昨日終えました。
お越しくださったみなさま、ありがとうございました。

今回で4回目の個展でしたが、
初矢口個展にいらしてくださったお客さまにも
切りがみからはじまるアートをご理解いただき、
ご堪能いただけたようで何よりです。

わたしが矢口さんの作品を知ったのは、ある一冊の本。
2004年のことです。

一通のわたしからのメールからはじまったつながり。
そのご縁はすべてが切りがみのように今につながっています。
そして、Mic Mac.からお客さまへ。

矢口さんとお食事をした際に、感じたのですが、
「ステキだよね。」、「それってなんか違うよね。」などの意識の向け方が
とても近しいということに改めて感じました。
そして笑いのツボも。
1年分のたまったトークを交え、わたしたちの歓びの夜は更けて。


                        (2005年の茅ヶ崎での個展で求めてから
                         今もずっと愛用しているタンクトップ)



矢口加奈子さんは大学時代にこの 「切りがみ」 に魅せられ
「歓 よろこびのかたち」と題して作品を発表してきました。

「歓 よろこびのかたち」というのは矢口さんにとって
いちばん大事にしているソウル的なもの。
自分の手から生まれるその作品がだれかと過ごしてもらうその歓び。

今回の矢口加奈子さんの個展にあたって、
キャプションボードを置いてくださっていました。
最後に抜粋してご紹介いたします。
すこしでもみなさまにもメッセージを感じていただけたら幸いです。



     「歓びのまほう」
 
     どこかのだれかのある一日を一緒に過ごしてもらえうように想いを込めて
     制作した作品が手にとってもらえる今日が私の 「歓 よろこびのかたち」
     その想いは、この制作を始めてからずっとかわりません。
     そして今回のテーマは 「歓びのまほう」
     切り紙をそっと開いた瞬間に感じる気持ちを、素敵な 「まほう」 のように
     すべてのもの創りに込めて。
     日々を感じる小さな 「歓び」 と重ね合わせて新しいカタチを生み出すことが
     できたなら、それは素敵な歓びのまほうのように繋がっていくはず。
     この想いが少しでも皆さんに届きますように。



届いているよー、矢口さん。
それは歓びの連鎖。

  
 
| こぼれ話 | - | - | posted by Mic Mac.
桜が満開!
          まだか、まだかと待ちかねていた、桜ちゃん。
          札幌は今 桜が満開。
          前から気になっていたビュースポットへ。


          ぉぉお〜!
          ソメイヨシノと八重桜が一緒に咲いているではないか。   
          ビュテぃふぉっ〜。

          あ。


          向こうに見える山。まだ残雪が。
          肉眼でもはっきりくっきり見える。 
          冬が長い札幌にとって、この桜の時期はとても貴重。


          ナンパのメッカ (うそです)のサイクリングロードも美しい〜


          1週間後くらいには、今度は八重桜が見ごろになりそうだ。
    

札幌の今日の予想最高気温は23度です!
ですがー。ショップの中はひんやり〜していて、たまらず暖房をつけました。
外に出てみるとエラく暖かいので、今年はじめてオープンドアしてみました。
外気が入った方が、ショップの中もほんわりと暖かくなりましたー。


 
| こぼれ話 | - | - | posted by Mic Mac.
| 1/6 | >>